--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2010.07.30(Fri)


詩集を読む夜


IMG_0893.jpg


詩は難しくて、わからない、

ということを、よく聞きます。

たしかに、僕も、そう思います。

通勤電車で、ページをくっても、くっても、

頭に入ってこない。

わかりかけたと思ったのに、次の行で、

わからなくなる。

でも、その難しさには、一読して

理解するには難しい、ということであって、

その背景には、何をするにしても、

急かされる社会、というものがあります。

スピードや、データ。

そういものと拮抗するために、言葉があるのだし、

文学があり、音楽があり、絵画があり、

詩があるのだと思います。

ゆっくりと、自分のペースで読めば、

詩ほど、豊かなものはありません。

これは、自戒を込めて、言っています。



最近は、金子彰子さんの詩集、

『二月十四日』(龜鳴屋)を読んでいます。

言葉に誘発されて、いろいろなことに

思いをはせるのが、とても愉しい。

通勤電車の中ではなく、夜に、机の上で、読みます。

解説で、井坂洋子さんが書いてらっしゃるように、

「読み手の心に、嵩ばらないで、すっともぐりこめる
 
 可能性を秘めている」

そういった、詩集です。

夏の日を、店を、影を、自らの体を、思い出します。

恋人を、町を、眠りを、食事を、思い出します。

才能も、造本もすばらしい。

ちなみに、僕は、「遠山」という詩が、好きです。

限定214部。

もうすぐ、売り切れだそうです。

めでたいです。


金子さんのブログ
http://d.hatena.ne.jp/Kaneco/

スポンサーサイト



2010.07.11(Sun)


『レンブラントの帽子』の140字。


夢の中で、パソコン画面を何度も見てしまうほど、

twitterに夢中になっています。

というのは、今年、twitterをはじめて以来、

ほんとうに、多くのあたたかい声をいただきました。

twitterがなかったら、果たして、今も、こんなに

元気であるだろうか、否、元気ではない! と

断言できるくらい。

140字だから言える、ということは、

びっくりするくらい、多いのです。

『レンブラントの帽子』のすてきな感想も、

たくさんいただきました。

いくつか、ご紹介させてくださいませ。



レンブラントの帽子。今朝から読み始めている。
1話の最後、ルービンのとこで不覚にも(電車の中なのに)
なきそうになって寸止め。笑。あぶなかった。展開を急いで
知りたくなるというより、ゆっくり、噛み締めながら読みたい小説。
先も楽しみです。


B.マラマッド著。「レンブラントの帽子」読了。
たどたどしくも感じられる生々しい語り口。
日常からほんの少しだけ飛び出した些細な物語が、
優しく僕の胸を締めつける。この本は大切にしようと思う。


ここ数日、TLでその名を見ない日はない『レンブラントの帽子』
(マラマッド/夏葉社)をやっと購入、いっきに読んでしまった。
いやはや、人間の描写が濃すぎて軽くめまい……。ヨコに広がらず、
タテにずんずん深く突き刺さる、すばらしい本でした。
みなさんが大事に読むのもよくわかる。


バーナード・マラマッドの『レンブラントの帽子』が夏葉社から出たことを、
昨日お問い合わせをいただき知った。小島信夫さんらの訳に和田誠さんの装丁。
帰りに早速購入した。柴田元幸さん訳の『喋る馬』同様、こちらも丁寧に
綴られた文章が余韻を残す。夜中にも関わらず三度読み返した。


東京堂書店でバーナード・マラマッド『レンブラントの帽子』を買い、さっそく
近くの喫茶店に駆け込み、表題作を読んだ。「これぞ小説!」という濃厚な一篇。
冒頭なんか、映画みたいだ。夏葉社さん、おめでとうございます。すばらしい本です。


マラマッド『レンブラントの帽子』、なんだかすごくよかった。いわく言い難いけど、
すごくよかった。ここにははったりが何もない、と思った。



いただいた感想の、ほんの一部です。

これらの感想を、僕は、何度も何度も、

何度も何度も、何度も何度も、読み返しています。

マラマッド氏に、届けたいです。

本当に、ありがとうございます。




2010.07.05(Mon)


昨日の読売新聞書評欄で『レンブラントの帽子』が取り上げられました。


http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20100705bk02.htm


弊社が、約十年来、復刊を実現したかった作品です。

マラマッドの魅力を、ぜひ、知ってください!




2010.07.01(Thu)


6月16日の日刊ゲンダイの書評欄で『レンブラントの帽子』が取り上げられました。

http://gendai.net/articles/view/book/124624


とても丁寧な書評です。

ぜひ、ご覧になって下さい。


私も、表題作の最後のシーンは、

何度読んでも、感動してしまいます。

一言一句覚えているはずなのに、

校正しながら、そして、なぜかドキドキしながら、

「そうだよ~、よかったよ~」と、

ルービンとアーキンの邂逅を、

ともに、何度も喜んでいました


ネットからですと、下記の書店などでお取り扱い

いただいております。


徒然舎

善行堂

bk1

この機会に、ぜひ、お買い求めください!



なお、アマゾンでもお取り扱いいただいておりますが、

到着が遅いです。

すいません。







category
未分類 (117) 出版社、はじめました (21) 読書 (11) 

month
2016/11 (1) 2016/10 (1) 2016/09 (1) 2016/08 (1) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/03 (1) 2016/01 (1) 2015/12 (1) 2015/11 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (1) 2015/08 (1) 2015/07 (1) 2015/06 (2) 2015/05 (1) 2015/04 (1) 2015/02 (1) 2015/01 (2) 2014/12 (1) 2014/10 (3) 2014/08 (2) 2014/07 (1) 2014/06 (1) 2014/05 (1) 2014/03 (1) 2014/02 (1) 2014/01 (1) 2013/12 (1) 2013/11 (1) 2013/10 (2) 2013/09 (1) 2013/08 (2) 2013/07 (3) 2013/06 (1) 2013/05 (1) 2013/04 (2) 2013/03 (3) 2013/02 (1) 2013/01 (2) 2012/12 (3) 2012/11 (1) 2012/10 (1) 2012/09 (1) 2012/08 (3) 2012/07 (2) 2012/06 (1) 2012/05 (1) 2012/04 (1) 2012/03 (1) 2012/01 (1) 2011/12 (1) 2011/11 (1) 2011/10 (3) 2011/09 (2) 2011/08 (1) 2011/07 (2) 2011/06 (3) 2011/05 (1) 2011/04 (1) 2011/03 (1) 2011/02 (1) 2011/01 (2) 2010/12 (1) 2010/11 (3) 2010/10 (3) 2010/09 (2) 2010/08 (1) 2010/07 (4) 2010/06 (6) 2010/05 (5) 2010/04 (1) 2010/03 (3) 2010/02 (2) 2010/01 (2) 2009/12 (3) 2009/11 (4) 2009/10 (5) 2009/09 (10) 2009/08 (6) 




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。