--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2012.07.18(Wed)


上林曉傑作随筆集『故郷の本箱』完成いたしました!

IMG_1601.jpg

デザインは、櫻井事務所の櫻井久さん。

IMG_1600.jpg

前作『星を撒いた街』とは異なり、

袖の部分を布にしております。

IMG_1602.jpg

来週月曜日に取次納品いたします。

早いところで当日、7月末までには、

弊社の書籍をお取り扱い下さっている

書店に並びます。

ぜひ、店頭でご覧になってください!



スポンサーサイト



2012.07.06(Fri)


新刊のご案内


いつも、新刊の案内が、ギリギリですいません。

7月23日(月)取次搬入で、新刊を刊行いたします。

昨年、好評であった、上林曉傑作集の、第2弾です。

今回は、小説集でなく、傑作随筆集。

タイトルは『故郷の本箱』です。

作家の話。

古本の話。

文章の話。

哀悼の話。

郷里の話。

その他、文学と本を愛する随筆が、計29編。

関口良雄さんも、少しだけ、出てきます。

もちろん、今回も撰者は、古本ソムリエこと、山本善行さんです。

どうぞ、お楽しみに。


ちなみに、下記のような随筆が収録されています。



高根の花
幼な友達
「枯木のある風景」の出来るまで
正宗白鳥会見記
律気な井伏鱒二
他3編


大正の本
荻窪の古本市
古本漁り
故郷の本箱
古本屋のおやじ
他5編


古木さん
藤澤清造氏の死
嘉村礒多
木山君の死
古田さんの思い出
他5編


小説を書きながらの感想


定価は2310円(税込)。

ページ数は『星を撒いた街』と同じく240ページです。

美しい造本にもご期待ください。





category
未分類 (117) 出版社、はじめました (21) 読書 (11) 

month
2016/11 (1) 2016/10 (1) 2016/09 (1) 2016/08 (1) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/03 (1) 2016/01 (1) 2015/12 (1) 2015/11 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (1) 2015/08 (1) 2015/07 (1) 2015/06 (2) 2015/05 (1) 2015/04 (1) 2015/02 (1) 2015/01 (2) 2014/12 (1) 2014/10 (3) 2014/08 (2) 2014/07 (1) 2014/06 (1) 2014/05 (1) 2014/03 (1) 2014/02 (1) 2014/01 (1) 2013/12 (1) 2013/11 (1) 2013/10 (2) 2013/09 (1) 2013/08 (2) 2013/07 (3) 2013/06 (1) 2013/05 (1) 2013/04 (2) 2013/03 (3) 2013/02 (1) 2013/01 (2) 2012/12 (3) 2012/11 (1) 2012/10 (1) 2012/09 (1) 2012/08 (3) 2012/07 (2) 2012/06 (1) 2012/05 (1) 2012/04 (1) 2012/03 (1) 2012/01 (1) 2011/12 (1) 2011/11 (1) 2011/10 (3) 2011/09 (2) 2011/08 (1) 2011/07 (2) 2011/06 (3) 2011/05 (1) 2011/04 (1) 2011/03 (1) 2011/02 (1) 2011/01 (2) 2010/12 (1) 2010/11 (3) 2010/10 (3) 2010/09 (2) 2010/08 (1) 2010/07 (4) 2010/06 (6) 2010/05 (5) 2010/04 (1) 2010/03 (3) 2010/02 (2) 2010/01 (2) 2009/12 (3) 2009/11 (4) 2009/10 (5) 2009/09 (10) 2009/08 (6) 




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。