--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2014.10.12(Sun)



今年1月から、発起人のひとりとして開催してきました

「町には本屋さんが必要です会議」。

弊社にとって、この1年は、「町の本屋さん」について、

考え続けた1年でした。

これまで全国で16回開催してきましたが、いよいよ、

この12月で最後です。

その1年の総決算のつもりで、いまもっともお話を伺いたい、

三人の書店員さんをゲストに迎え、本屋さんのいまとこれからを話します。


また、これまでの「町には本屋さんが必要です会議」にかんしては、

あらたな取材と書き下ろしを加えて、『本屋会議』として、刊行いたします。

イベント当日に、先行販売いたしますので、よろしかったら、

ぜひ遊びに来てください。



「町には本屋さんが必要です会議」シンポジウム

日時:2014年12月12日(金)

OPEN 19:00 START 19:30

会場:東京堂書店神田神保町店6階 東京堂ホール

東京都千代田区神田神保町1丁目17

http://www.tokyodoshoten.co.jp/hall/


参加費:参加費800円(要予約・ドリンク付き)


出演
田口幹人(たぐちみきと)
さわや書店フェザン店(岩手・盛岡)、店長。他店勤務を経て、2006年からさわや書店勤務、2011年から現職。

星真一(ほししんいち)
1972年生まれ。紀伊國屋書店グランフロント大阪店店長。紀伊國屋書店梅田本店他勤務を経て、2013年より現職。

笈入建志(おいりけんじ)
1970年生まれ。往来堂書店(東京・千駄木)店長。大型書店勤務を経て、2000年より同職。


東京堂書店さま店頭または電話・メール(shoten(アットマーク)tokyodo-web.co.jp)にて、
「町本会イベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
電話 03-3291-5181

スポンサーサイト



2014.10.08(Wed)


来夏、『戦後出版クロニクル』(仮題)という本を刊行予定です。

これがかなり大変な企画で、1945年〜2014年に出版された

全ジャンルの書籍のなかから、出版史的に意味のある書籍を

各年数冊ずつ抽出して、そして紹介するという内容です。

1冊の本が刊行されることによって、それが読者に、編集者に、

書店に影響を与え、本の歴史が変わっていく。

そうした時代の流れを、1冊の本によって、表現したいのです。


今週土曜日、西荻ブックマークにて、この本の公開企画会議を行います。

著者の南陀楼綾繁さんを司会に、『冬の本』にも原稿を寄せてくださった、

ライターの井上理津子さん、『冬の本』の編集者でもある北條一浩さん、

そして、ぼくの4人で、「この本は外せない!」と話し合います。

ちなみに、今回は戦後の70年間では幅が広すぎるということもあり、

1970年代から2000年代にしぼって、トークをします。

本好きのかた、ぜひ遊びに来てください。

濃密な2時間超のイベントです。



『戦後出版クロニクル』編集会議
〜この本は見逃せない! 1970~2010〜

日時: 10月11日(土) 17:00~19:30
会場: ビリヤード山崎2F 杉並区西荻北3-19-6
参加費: 1500円
定員:   40名
予約方法:こちらでどうぞ→http://nishiogi-bookmark.org/reserve/


追伸

たとえばこんな本を紹介します。
井上さん→【90年代】 朝日新聞社編『朝日人物事典』朝日新聞社(1990年刊)
北條さん→【80年代】 片岡義男『スローなブギにしてくれ』角川文庫(1981年刊)
夏葉社 →【00年代】 高野文子『黄色い本』講談社(2002年刊)












2014.10.03(Fri)




年末に刊行する本の準備で、バタバタしています。

ご案内が大変遅くなりましたが、関西の「夏葉社フェア」のお知らせです。

弊社の5周年を記念して、大阪の長谷川書店さんと、姫路のおひさまゆうびん舎さんで、

大規模な夏葉社フェアが開催されています。

その名も、


〜夏葉社 5周年記念フェア
   
 大切な人のために

 全力で本をつくってみようと思った 〜


弊社の書籍全タイトルはもちろん、現在、長谷川書店さんで、

高橋和枝さんの「さよならのあとで展」、おひさまゆうびん舎さんで、

得地直美さんの「本とそのまわり展」が開催中です。

どちらも実際に目で見て、絵を買うことができる展示です。

それ以外にも、お店に行くと、たくさんのおまけの展示があります。

いろいろびっくりするはずです(笑)。

二度とない機会ですので、ぜひ、足を運んでみてください。

両店ともに、10月31日まで。


長谷川書店
大阪府三島郡島本町水無瀬1丁目708-8.
電話, 075-961-1560.
http://walkingreader.blog60.fc2.com/

おひさまゆうびん舎
兵庫県姫路市本町68
電話,079-288-6597
http://ohisamayuubinsya.blog.fc2.com/


なお、10月1日〜11月27日のあいだには、姫路から20分の駅、

「本竜野」にある「九農文庫」で、「山高登装釘展」も開催されています。

その名のとおり、『昔日の客』の版画などでもおなじみの山高登さんが

装釘された書籍を、実際に手にとって見ることができます。

こちらもぜひ!


九農文庫
兵庫県たつの市龍野町日山435-2
(私設図書館です。火・水・木の10時〜15時までの展示です。ご注意ください)

CCF20141003_00000.jpg





20140831021242c50.jpg







category
未分類 (117) 出版社、はじめました (21) 読書 (11) 

month
2016/11 (1) 2016/10 (1) 2016/09 (1) 2016/08 (1) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/03 (1) 2016/01 (1) 2015/12 (1) 2015/11 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (1) 2015/08 (1) 2015/07 (1) 2015/06 (2) 2015/05 (1) 2015/04 (1) 2015/02 (1) 2015/01 (2) 2014/12 (1) 2014/10 (3) 2014/08 (2) 2014/07 (1) 2014/06 (1) 2014/05 (1) 2014/03 (1) 2014/02 (1) 2014/01 (1) 2013/12 (1) 2013/11 (1) 2013/10 (2) 2013/09 (1) 2013/08 (2) 2013/07 (3) 2013/06 (1) 2013/05 (1) 2013/04 (2) 2013/03 (3) 2013/02 (1) 2013/01 (2) 2012/12 (3) 2012/11 (1) 2012/10 (1) 2012/09 (1) 2012/08 (3) 2012/07 (2) 2012/06 (1) 2012/05 (1) 2012/04 (1) 2012/03 (1) 2012/01 (1) 2011/12 (1) 2011/11 (1) 2011/10 (3) 2011/09 (2) 2011/08 (1) 2011/07 (2) 2011/06 (3) 2011/05 (1) 2011/04 (1) 2011/03 (1) 2011/02 (1) 2011/01 (2) 2010/12 (1) 2010/11 (3) 2010/10 (3) 2010/09 (2) 2010/08 (1) 2010/07 (4) 2010/06 (6) 2010/05 (5) 2010/04 (1) 2010/03 (3) 2010/02 (2) 2010/01 (2) 2009/12 (3) 2009/11 (4) 2009/10 (5) 2009/09 (10) 2009/08 (6) 




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。