--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2015.05.13(Wed)



新刊が2冊同時に出ます。


IMG_6643.jpg

IMG_6651.jpg


詩にかんする本を、5月22日(金)取次搬入で、

2冊同時に刊行いたします。



1冊目は、『いちべついらい 田村和子さんのこと』。

個人的に傑作だと思っている『珈琲とエクレアと詩人』(港の人)

の著者、橋口幸子さんの、待望の2冊目です。

前回は、詩人の北村太郎さんをスケッチしましたが、今回は、

田村隆一夫人の田村和子さんをスケッチしています。

著者は和子さんと30年以上のつきあいがあり、かつては、

同じ屋根の下に暮らしていました。

田村さんを愛し、北村さんを愛し、けれど、ひとりで生きなければ

ならなかった女性の姿は、読後、いつまでも胸に残ります。

装丁写真は、武田花さん。



もう一冊は、黒田三郎の『小さなユリと』。

1960年に昭森社より刊行された、歴史的で、けれど、

ささやかでもある、この小さな詩集を、できるかぎり

当時の形のまま、復刻いたしました。

ぼくはこの詩集を神保町の古本屋さんで見つけたのですが、

「ああ、もう!」と嘆きたくなるくらいに、可憐な佇まいです。

父親と3歳の娘の日々を描いた、詩集の傑作。

解説は、荻原魚雷さん。

詩を読むよろこび、詩集を持つよろこびが味わえる1冊です。

ゆっくり、何度もよんでほしいです。



『いちべついらい 田村和子さんのこと』
著者:橋口幸子
編集:北條一浩
装丁写真:武田花
デザイン :櫻井久、中川あゆみ(櫻井事務所)
価格:1700円+税
版型:四六判上製
頁数:160頁
ISBN 978-4-904816-14-1 C0095


『小さなユリと』
著者:黒田三郎
解説:荻原魚雷
価格:1600円+税
版型:四六判上製(カバー・表紙ともにカラー)
頁数:64頁(解説は挟み込み)
ISBN 978-4-904816-15-8 C0092



スポンサーサイト



category
未分類 (117) 出版社、はじめました (21) 読書 (11) 

month
2016/11 (1) 2016/10 (1) 2016/09 (1) 2016/08 (1) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/03 (1) 2016/01 (1) 2015/12 (1) 2015/11 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (1) 2015/08 (1) 2015/07 (1) 2015/06 (2) 2015/05 (1) 2015/04 (1) 2015/02 (1) 2015/01 (2) 2014/12 (1) 2014/10 (3) 2014/08 (2) 2014/07 (1) 2014/06 (1) 2014/05 (1) 2014/03 (1) 2014/02 (1) 2014/01 (1) 2013/12 (1) 2013/11 (1) 2013/10 (2) 2013/09 (1) 2013/08 (2) 2013/07 (3) 2013/06 (1) 2013/05 (1) 2013/04 (2) 2013/03 (3) 2013/02 (1) 2013/01 (2) 2012/12 (3) 2012/11 (1) 2012/10 (1) 2012/09 (1) 2012/08 (3) 2012/07 (2) 2012/06 (1) 2012/05 (1) 2012/04 (1) 2012/03 (1) 2012/01 (1) 2011/12 (1) 2011/11 (1) 2011/10 (3) 2011/09 (2) 2011/08 (1) 2011/07 (2) 2011/06 (3) 2011/05 (1) 2011/04 (1) 2011/03 (1) 2011/02 (1) 2011/01 (2) 2010/12 (1) 2010/11 (3) 2010/10 (3) 2010/09 (2) 2010/08 (1) 2010/07 (4) 2010/06 (6) 2010/05 (5) 2010/04 (1) 2010/03 (3) 2010/02 (2) 2010/01 (2) 2009/12 (3) 2009/11 (4) 2009/10 (5) 2009/09 (10) 2009/08 (6) 




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。