--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2015.07.03(Fri)



『小さなユリと』と『いちべついらい』のその後


5月と6月に刊行しました、詩にかかわる2冊の本。
(『小さなユリと』は発売が6月にずれこみました。申し訳ありません)

おかげさまで、好評です。

この2冊は、決して、派手な作品ではありません。

どちらかというと、地味で、言葉にしにくい余韻の残る本です。



書評家の岡崎武志さんは、ブログにて、下記のように評してくださいました。


ぼくもまた、幼い娘とじつによく、手をつないで歩いたものだ。ときに歌をうたいながら。

小学校へ上がる頃か、ある日、いつものように手をつなごうとすると、習慣で娘が手を伸ばし、

ハッとするように、ふりはらった時のことを覚えている。

夢に出てくる娘は、いつも、手をつないでいた頃の娘だ。


この詩集をカバンに入れて持ち歩けば、その日、多少イヤなことがあっても、くぐり抜けられるだろう。

「なぜなら、私のカバンには、いま『小さなユリと』が入っているんだから、どっからでもかかってきなさい」

と言えるだろう。


http://d.hatena.ne.jp/okatake/20150531
(『小さなユリと』)


何気ない描写が、張りつめて、行き届いた文章で、詩を読んでいるようだ。

http://d.hatena.ne.jp/okatake/20150604
(『いちべついらい』)



こういうふうに読んでくださっているのを見るたびに、勇気が湧いてきます。

果敢に仕事をしなければ、と思います。



6月17日の朝日新聞では、三省堂書店神保町本店の大塚さんが

『いちべついらい』について、


感情を交えず、ただただ見つめて描くような文章であることが、

かえって和子さんの存在感を際立たせ、人ひとりの重さを

背負ったような気持ちになった本です。



と語ってくださいました。



また今週号の『週刊新潮』では、作家の大竹昭子さんが


非力であることの悲しさを詩は黙って受け止めている。

それを美しいと感じ、読んでいる自分がここにいるという安堵感。

一日の終わりにこれほどの慰めはないだろう。



と『小さなユリと』を評してくださいました。



どちらとも、すぐに何かに効くという実用的な本ではありません。

でも、ほんの少し、人生を支えてくれる本だと思っています。

お近くの本屋さんで、手にとっていただけたら、うれしいです。




category
未分類 (117) 出版社、はじめました (21) 読書 (11) 

month
2016/11 (1) 2016/10 (1) 2016/09 (1) 2016/08 (1) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/03 (1) 2016/01 (1) 2015/12 (1) 2015/11 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (1) 2015/08 (1) 2015/07 (1) 2015/06 (2) 2015/05 (1) 2015/04 (1) 2015/02 (1) 2015/01 (2) 2014/12 (1) 2014/10 (3) 2014/08 (2) 2014/07 (1) 2014/06 (1) 2014/05 (1) 2014/03 (1) 2014/02 (1) 2014/01 (1) 2013/12 (1) 2013/11 (1) 2013/10 (2) 2013/09 (1) 2013/08 (2) 2013/07 (3) 2013/06 (1) 2013/05 (1) 2013/04 (2) 2013/03 (3) 2013/02 (1) 2013/01 (2) 2012/12 (3) 2012/11 (1) 2012/10 (1) 2012/09 (1) 2012/08 (3) 2012/07 (2) 2012/06 (1) 2012/05 (1) 2012/04 (1) 2012/03 (1) 2012/01 (1) 2011/12 (1) 2011/11 (1) 2011/10 (3) 2011/09 (2) 2011/08 (1) 2011/07 (2) 2011/06 (3) 2011/05 (1) 2011/04 (1) 2011/03 (1) 2011/02 (1) 2011/01 (2) 2010/12 (1) 2010/11 (3) 2010/10 (3) 2010/09 (2) 2010/08 (1) 2010/07 (4) 2010/06 (6) 2010/05 (5) 2010/04 (1) 2010/03 (3) 2010/02 (2) 2010/01 (2) 2009/12 (3) 2009/11 (4) 2009/10 (5) 2009/09 (10) 2009/08 (6) 




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。